• 筑波大学免疫学研究室 金丸(山下)由美助教(フロンティア医科学修了生)、渋谷彰教授、渋谷和子准教授らによる研究成果がJournal of immunologyに掲載されました。

    2015.12.9 研究業績
    免疫学研究室 金丸(山下)由美助教(フロンティア医科学修了生)、渋谷彰教授、渋谷和子准教授らによる CD155 (PVR/Necl5) Mediates a Costimulatory Signal in CD4+ T Cells and Regulates Allergic Inflammation についての研究成果がJournal of immunologyに掲載されました。 http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25972481>> 続きを読む
  • 分子遺伝疫学研究室(生命医科学域・生命システム医学専攻・フロンティア医科学専攻)川崎綾助教の和文総説が『医学のあゆみ』 に掲載されました。

    2015.10.30 研究業績
    分子遺伝疫学研究室(生命医科学域・生命システム医学専攻・フロンティア医科学専攻)川崎綾助教の和文総説が『医学のあゆみ』 に掲載されました。 川崎綾:  IRF2多型の全身性エリテマトーデス疾患感受性への寄与.医学のあゆみ 2015:255(2),174-175. 分子遺伝疫学研究室HP http://www.md.tsukuba.ac.jp/community-med/publicmd/GE/>> 続きを読む
  • 分子遺伝疫学研究室(生命医科学域・生命システム医学専攻・フロンティア医科学専攻)土屋尚之教授の和文総説が『リウマチ科』 に掲載されました。

    2015.10.30 研究業績
    分子遺伝疫学研究室(生命医科学域・生命システム医学専攻・フロンティア医科学専攻)土屋尚之教授の和文総説が『リウマチ科』 に掲載されました。 土屋尚之: 膠原病および類縁疾患のゲノム解析の現況~GWASおよびpost GWAS.リウマチ科 2015;54(4),473-479. 分子遺伝疫学研究室HP http://www.md.tsukuba.ac.jp/community-med/publicmd/GE/>> 続きを読む
  • 筑波大学医学医療系 渋谷教授が「難治疾患の克服を目指した免疫受容体の研究」で「つくば賞」を受賞されたことが本日発表されました!

    2015.09.17 研究業績
    筑波大学医学医療系 渋谷教授が「難治疾患の克服を目指した免疫受容体の研究」で「つくば賞」を受賞されたことが本日発表されました! つくば賞とは,茨城県科学技術振興財団が制定するもので,県内において科学技術に関する研究に携わり,顕著な研究成果を収めた研究者を顕彰し,研究者の創造的な研究活動を奨励するもので,自然科学部門で1人または1組が表彰されます. 渋谷教授の記者発表のコメント: 「このような栄誉ある賞を受賞することができ,身に余る光栄です. 推薦して頂きました筑波大学長を始め,選考委員ならびに関係の方々に熱くお礼を申し上げま...>> 続きを読む
  • 古川宏准教授が2015年度ブリストル・マイヤーズ関節リウマチ臨床研究助成 (BRAVE)に採択されました。

    2015.09.17 研究業績
    古川宏准教授が2015年度ブリストル・マイヤーズ関節リウマチ臨床研究助成(BRAVE)に採択されました。 採択研究課題は、「関節リウマチにおける気道病変の遺伝要因解明」です。 分子遺伝疫学研究室のHP http://www.md.tsukuba.ac.jp/community-med/publicmd/GE/>> 続きを読む
  • 土屋尚之教授(分子遺伝疫学研究室)らの和文総説”リウマチ・膠原病とHLA”がMHCに掲載されました。

    2015.08.19 研究業績
    土屋尚之教授(分子遺伝疫学研究室)らの和文総説"リウマチ・膠原病とHLA"がMHCに掲載されました。 詳細情報:https://www.jstage.jst.go.jp/article/mhc/22/2/22_74/_article/-char/ja/ 分子遺伝疫学研究室:http://www.md.tsukuba.ac.jp/community-med/publicmd/GE/>> 続きを読む
  • 山下計太さん(生命システム医学専攻(博士課程)2年、分子遺伝疫学研究室)が、「NPO法人 つくば臨床検査教育・研究センター」の「平成26年度研究支援助成金」対象者として採択されました。

    2015.02.3 研究業績
    山下計太さん(生命システム医学専攻(博士課程)2年、分子遺伝疫学研究室)が、「NPO法人 つくば臨床検査教育・研究センター」の「平成26年度研究支援助成金」対象者として採択されました。>> 続きを読む
  • 森 祐太郎 氏(陽子線医学利用研究センター)が「日本放射線技術学会 第61回関東部会研究発表大会」新人賞受賞

    2014.12.26 研究業績
    森 祐太郎 氏(陽子線医学利用研究センター)が「日本放射線技術学会 第61回関東部会研究発表大会」新人賞受賞 2014/12/24 森 祐太郎 氏(陽子線医学利用研究センター 診療放射線技師)が、2014年12月13日-14日に開催された日本放射線技術学会 第61回関東部会研究発表大会において、「平成26年度 新人賞」を受賞しました。平成23年度の「Imaging Plateを用いた表面汚染測定の技術開発」を発表以来、本学会において「研究活動が優れていること」が認められ、日本放射線技術学会から表彰を受けたものです。 左より榮...>> 続きを読む
  • 孫 略さん(疾患制御医学専攻)、伊東一也さん(フロンティア医科学専攻)が酸化ストレス学会関東支部会にて優秀演題賞受賞

    2014.12.26 研究業績
    陽子線医学利用研究センター大学院生の孫 略さん(疾患制御医学専攻)、伊東一也さん(フロンティア医科学専攻)が12月22日開催の酸化ストレス学会関東支部会にて優秀演題賞を受賞しました。 演題は以下の通りです。 ○伊東一也さん(フロンティア医科学専攻) 「X線照射により発生する遅発性ROSが細胞の生存に与える影響の解析」 ○孫 略さん(疾患制御医学専攻) 「ジクロロ酢酸ナトリウムによる癌幹細胞様クローンの放射線増感メカニズムの解明」 左から孫さん、坪井康次教授、伊東さん>> 続きを読む
  • 山岸良匡講師(分子遺伝疫学・社会健康医学)が平成26年度日本公衆衛生学会奨励賞を受賞

    2014.11.26 研究業績
    山岸良匡講師(分子遺伝疫学・社会健康医学)は、2014年11月5日~7日に宇都宮市で開催された第73回日本公衆衛生学会において「平成26年度日本公衆衛生学会奨励賞」を受賞しました。この賞は公衆衛生の分野における研究または実践活動において、価値ある業績を挙げている者に贈られるものです。受賞した研究課題は「地域における生活習慣病予防のための公衆衛生活動の実践とその評価」です。 >> 続きを読む

筑波大学医学系大学院各専攻情報はコチラ

  • 筑波大学大学院 フロンティア医科学専攻

    (修士課程)

    安心で健康な社会の実現と維持に活躍する多様な医科学人材(研究者・教育者・高度専門職業人)の育成

  • 生命システム医学専攻

    (博士課程)

    先導的生命医科学の研究者・教育者、及び、生命医科学の知識・技術・能力を駆使して社会に貢献する人材の育成

  • 疾患制御医学専攻

    (博士課程)

    疾患制御の発展に寄与できる臨床医学研究者の育成

  • ヒューマンバイオロジー学位プログラム

    (5年一貫博士課程)

    ヒトが人らしく生きる社会の創造を先導できる国際的トップリーダーの育成