医科学コース:臨床医学関連

整形外科学

山崎正志

山崎 正志  

http://tsukuba-seikei.jp/

2-21整形外科学QR

研究室紹介

◆整形外科の扱う対象は、四肢・脊椎を中心とする運動器である。この運動器系は、疾病、外傷、災害さらには加齢により障害される。高齢化のすすむ我が国でADL低下に直結する運動器疾患の予防や治療法を確立し、QOLの向上を図るべく、機能再建・再生医療を中心に幅広い研究を行っている。
◆メカニカルストレスの応用、さらに、分子生物学的手法や組織工学的手法を取り入れた生物学的治療の開発、また、医工連携による学際的治療法の開発を目指す。

◇末梢神経損傷の臨床・基礎研究-神経延長、圧迫の病態生理の研究-
◇上肢機能再建外科の臨床研究◇関節外科の臨床・基礎研究-最小侵襲人工関節手術-
◇脊椎外科の臨床・基礎研究-脊椎外科の最小侵襲手技の開発--転移性脊椎腫瘍に対する光線力学療法
◇スポーツ整形外科の臨床的・基礎的研究
◇軟骨・骨再生、骨壊死や骨折偽関節に対する自家濃縮骨髄血移植
◇小児整形外科、とくに小児股関節疾患の臨床・基礎研究
◇身体障害者リハビリテーションに関する臨床・基礎研究