医科学コース:臨床医学関連

臨床検査医学

2-19川上康

川上 康  y-kawa(at-mark)md.tsukuba.ac.jp

http://www.md.tsukuba.ac.jp/clinical-med/lab-med/

2-19川上康QR

研究室紹介

われわれ臨床検査医学研究グループでは、最先端の分子生物学的研究を臨床検査に応用すべく研究を行っています。その研究テーマは下記のようになります。

1. ゲノムDNA二重らせん切断後の修復能を評価する方法を開発することで、発がん高リスク状態の同定を目指している。また造血器腫瘍でみられる新たな遺伝子異常の検出を試みている。
2. アポリポ蛋白の病態生理学的な意義を解明し、得られた知見を臨床検査医学に還元すること。現在アルツハイマー病や心・脳血管の動脈硬化におけるアポリポ蛋白E4の分子メカニズム解明を行っている。
3. 精神疾患の診断における臨床検査はほとんど実用化されていない。近年、epigeneticな変化と精神疾患との関連が明らかになってきた。本研究では増え続けるうつ病などの精神疾患診断のバイオマーカー開発を目指している。
4. 心エコー図法を用いた心不全の新しい診断法の研究。動物実験、臨床研究、さらには疫学的研究を行っている。