医科学コース:基礎医学関連

バイオマテリアル

1-25長崎幸夫

長崎 幸夫  yukio(at-mark)nagalabo.jp

http://www.ims.tsukuba.ac.jp/~nagasaki_lab/index.htm

1-25長崎幸夫QR

研究室紹介

我々の研究室では高分子の精密合成技術をベースとした機能性材料、特に生体機能の一部を代替する「生体機能材料」を目指した研究を行っています。特に生体と材料との表面を精密に設計し、非特異吸着や炎症を抑えるバイオインターフェースの設計を行うとともに、この設計技術を利用したバイオセンサー、バイオナノ粒子の創出を目指した研究をしています。たとえば過剰に発生する活性酸素を消去するナノ粒子は脳梗塞再灌流、潰瘍性大腸炎、がんや遺伝子デリバリーに利用できるため、新しいナノ治療薬としての開発を続けています。この他中性子やレーザーとナノ粒子を絡めた新しいナノ治療法を展開しています。