医科学コース:基礎医学関連

分子遺伝疫学

1-19土屋尚之

土屋 尚之  tsuchiya(at-mark)md.tsukuba.ac.jp

http://www.md.tsukuba.ac.jp/community-med/publicmd/GE/CCP004.html

1-19土屋尚之QR

研究室紹介

複数の遺伝要因と環境要因が複雑に発症や病態にからみあう多因子疾患において、疾患に本質的に関与する分子経路を解明するうえで、ヒトゲノム解析は有力なアプローチです。 当研究室では、全身性自己免疫疾患である全身性エリテマトーデス(SLE)、全身性強皮症、関節リウマチやANCA関連血管炎に関連するゲノム多様性を解明することにより、病因の本質にせまり、創薬や個別化医療の実現に貢献することを目的に研究を進めています。 また、マラリア、デング熱の重症化と関連するゲノム多様性の解明や遺伝統計学的手法の研究(大橋准教授)、生活習慣病の予防医学(山岸講師)の研究も進めています。 学生さんには、このような研究に参加し、ヒトゲノム多様性から疾患を考える視点を身につけて頂ければ幸いです。

研究室紹介動画