医科学コース:基礎医学関連

診断病理学

1-4野口雅之

野口 雅之  nmasayuk(at-mark)md.tsukuba.ac.jp

http://www.md.tsukuba.ac.jp/basic-med/pathology/diagpatho/

1-4野口雅之QR

研究室紹介

診断病理学グループの研究目的はヒトの疾患、特に「がん」の本体解明にあります。がん研究には「予防」「早期診断」「治療」の3つの大きな目的があります。
我々の研究のポイントは、

1)発がんの分子発生機序の解明、
2)初期浸潤の分子機構の解明、
3)がん発生の背景病変の分子異常の解析、
4)予後にリンクした病理診断基準の作成、

です。
特に発がんの分子発生機序・初期浸潤の解明については、肺腺がんの発生と増悪にかかわる因子、バイオマーカーの探索を行っています。現在、Stratifin, DDAH2, OCIAD2などの分子を新たに肺腺がん発生増悪因子として同定し、これらの生物学的意義を解明しています。これらの因子を用いた新たな肺腺がんの存在診断、悪性度診断法を開発するとともに予防、治療にも発展させるための研究を進めています。

研究室紹介動画