武者修行型学外学修レポート (H23年度)

 

 武者修行型学外学修」は、大学院生の自立性、学際性、国際性の涵養の観点から、大学院教育の実質化を推進するため、平成17年度から継続的に実施しているキャリアアップ支援のプログラムです。

 各年度公募時に提出された海外武者修行計画から、審査により採択課題を決定します。

 大学院生自らが課題を設定し、指導教員のみならず外国の大学院生等との交渉や企業との交渉を通じて、活動計画を立案し、国際会議・国際的なトレーニングコースへの参加はもとより、国内外の研究機関との共同研究、国外教育組織での教育研究補助活動を実施します。

 「武者修行型学外学修」は、授業として単位振替え可能なコースも用意されています。

 
 
line_rt
 
フロンテイア医科学専攻 M2 小西晃平

参加学会名:The 2011 World Congress of Reproductive Biology

開催時期:October 8th – 12th 2011

会場:Cairns Convention Centre, Cairns, Australia

 
line_rt
 
 

World Congress of Reproductive Biology参加報告

 

 2011年10月9~12日にオーストラリアはケアンズ行なわれましたWorld Congress on Reproductive Biology に出席いたしましたので報告させて頂きます。

 

<目的>

 World Congress of Reproductive Biologyという生殖生物学分野の国際会議においてこれまでの研究成果を発表し、生殖全般を研究している様々な研究者、特に精子形成・精子成熟に関わ る分野の研究者とディスカッションすることで今後の研究に役立つ情報を得ることが最大の目的である。

 また、自分自身学会での発表経験はないので同分野の研究者の前でこれまでの研究成果を発表してみたい。

 

<成果>

 オーラル発表においては私の研究に役立てることのできそうな発表をみつけ、積極的に聴きに行くことができました。しかし正直なところ聴き取り、理解するのに精一杯で自らの研究に実際にどう活かしていくかということはこれからの課題となっていくと思います。

 ポスター発表においては、発表後に貴重な質問、指摘や意見をたくさん頂くことができ、今まで気づかなかった部分などに気付くことができました。このことは今後の研究を進めていく上で非常にプラスになったと考えています。

 

<感想>

 学会を通して今までできなかった経験がたくさんでき、大変有意義な時間が過ごせたと実感しています。しかし今後は英語力をさらに向上させ、他国の研究者ともっとコミュニケーションをとることが大事だと痛感しました。

 これで私の報告を終わらせて頂きます。

 


 

学会会場

 

会場内の様子

 

発表ポスター前にて