分子遺伝疫学研究室・古川宏准教授らの総説”The role of common protective alleles HLA-DRB1*13 among systemic autoimmune diseases<http://www.nature.com/gene/journal/vaop/ncurrent/abs/gene201640a.html>”がGenes and Immunityオンライン版に掲載されました。HLA-DRB1*13:02が複数の膠原病に共通の抵抗性因子であることに関するわれわれ自身の知見を交えた総説です。