武者修行型学外学修レポート (H24年度)

 

 武者修行型学外学修」は、大学院生の自立性、学際性、国際性の涵養の観点から、大学院教育の実質化を推進するため、平成17年度から継続的に実施しているキャリアアップ支援のプログラムです。

 各年度公募時に提出された海外武者修行計画から、審査により採択課題を決定します。

 大学院生自らが課題を設定し、指導教員のみならず外国の大学院生等との交渉や企業との交渉を通じて、活動計画を立案し、国際会議・国際的なトレーニングコースへの参加はもとより、国内外の研究機関との共同研究、国外教育組織での教育研究補助活動を実施します。

 「武者修行型学外学修」は、授業として単位振替え可能なコースも用意されています。

 

line_rt
 
疾患制御医学専攻 D1 田中 勇希

学外学修期間:2012年11月9日 – 2012年11月15日

渡航先:アメリカ合衆国, ワシントンDC (Washington convention center)

参加学会名:
American college of rheumatology scientific meeting 2012 (アメリカリウマチ学会2012)

専門領域:臨床免疫学 (Clinical Immunology)

 
line_rt
 
 

2012 ACR/ARHP Annual Meetingに参加して

 

 この度は学外学修に参加させて頂きありがとうございました。

 私は2012年11月10日から6日間にかけてアメリカ合衆国ワシントンD.C.で開催されたAmerican College of Rheumatologyに参加させて頂きました。

 今回初めての国際学会参加ということで、海外の研究者とディスカッションを行い、様々な研究の最新の知見を得ること。特に、私の研究のターゲットになっている分子に関する研究も海外の方が盛んに行われているため、その情報があれば必ず質問をすることを目的としました。

 本学会のセッションで驚かされたことは、日本ではまだ関節炎の病態に関与が薄いとされている事象が、アメリカでは関与していることは当たり前であり、また、その事実を裏付けるための研究が日本以上に盛んに行われていることでした。またポスター発表では、私がターゲットとしている分子について発表を行っている研究者がおり、競合するような研究を行っているという事実を目の当たりにして少し焦りを感じました。この研究者とのディスカッションで、今後私が実験ですべきことや、研究の方向性の正しさなどを再認識出来たことは今回の学会の中で一番有用なことであったと思います。今回は本学会の選考にから外れてしまいましたが、来年は通過し、また違う形で様々な研究者とディスカッション出来れば、自身の研究は更に飛躍するのではないかと考えております。

 
 

 

学会会場入り口

 

ポスター会場