台湾短期留学レポート (H23年度)

 

筑波大学と国立台湾大学との交流活動の一環として、平成23年度短期派遣留学に参加した大学院生のレポートを紹介します。
筑波大学医学系では、日常的な国際性を育むとともに、海外での経験の涵養も重視しています。ここで紹介するレポートには、海外に出て行った大学院生たちが、何を感じ何を学んできたのかが、それぞれの言葉で語られています。
2週間という短い留学期間ですが、台湾短期派遣学修に参加した学生は皆、ひとまわり大きな人間になって帰ってきます。このレポートから、彼らが海外での経験で得たものが何かわかるかも知れません。どうぞ、追体験してみてください。
 
line_rt
 

岡田 理沙 : 生命システム医学専攻 D1

専攻分野:生理化学

受入研究室:Dr. ST Ding 研究室

 
line_rt
 
 

1. はじめに

 筑波大学と国立台湾大学との研究教育交流を目的とした国立台湾大学への短期派遣の一環として2011年8月28~9月10日の14日間、台湾に渡航しました。

 今回、私が国立台湾大学への短期派遣に向けて、設定した目標は以下の3つです。

 1つ目は、英語力の向上です。将来的に研究者としてやっていくためには海外の研究者との交流が不可欠であり、英語でのコミュニケーション能力は必須であると思われます。先生、スタッフの方々および学生さんとの会話を通じて英語でのコミュニケーション能力を培うことを目標としました。

 2つ目は、海外の研究者の方との活発なディスカッションを積極的に行うことです。

 3つ目は、新しい技術を学び、今後の実験に役立てることです。

 

2. 今回の研修の概要

①CBT Summer Courseへの参加

期間:8月29日(月)〜9月2日(金)

 遺伝子発現解析、免疫組織染色、免疫細胞染色、タンパク精製、微生物群集構造解析の5つの基本的な実験技術について、国立台湾大学の教員および企業からの講演者の方による講義によって、実験原理から応用、最新技術に至るまでを学び、その後、実習を通して実際の実験方法を詳細に学びました。実験の際、講義および実験の説明は当然、英語で行われ、質問も積極的に行うことにより、コミュニケーション能力を鍛えるよい機会になりました。さらに、台湾大学の学生と2人組で実験を行うので、自分たちの研究、学生生活、お互いの国の研究環境などについて密に話す機会をもつことができ、たくさんの学生と交流することができました。

 

②lab rotationおよび研究発表会

期間:9月5日(月)~9月9日(金)

配属先:Center of BioTechnology (Lab of Dr. ST Ding/丁詩同 教授)

 培養細胞およびマウス組織からのmRNAの抽出から、リアルタイムPCRによる遺伝子発現解析法までを通して、さまざまな実験手法、解析方法を学ぶことができました。さらに、それぞれの実験について活発にディスカッションすることができ、たくさんのことを学ぶことができました。また、最終日にはlab rotationにおいて行った研究について、1人7分間の口頭発表および3分間の質疑応答を行いました。

 

3. まとめ

 今回の短期派遣において、前述した3つの目標に積極的に取り組むことができ、とても有意義な研修となりました。

 1つめに、英語力の向上については、日常会話から科学的な討論に至るまで、語彙や会話の幅も広がり、渡航前よりもコミュニケーション能力が向上したのではないかと実感しています。しかしながら、とくに科学的な討論においては、英語力の不足から未だ十分なデェスカッションができない場面も多々経験し、今後も惜しまぬ努力を続ける必要があることを再認識させられました。

 1週目のCBT summer course、2週目のlab rotationの間では、実験操作や実験結果に対するディスカッションに積極的に参加し、英語でのディスカッション、コミュニケーション能力を鍛えるよい機会になりました。さらに、自分たちの研究、学生生活、お互いの国の研究環境などについて密に話す機会をもつことができ、たくさんの学生と交流することができました。

 1週目には基本的な実験の原理だけでなく最新技術の応用といった知識に加え、実験手技の詳細に至るまで詳しく学ぶことができ、さらに、2週目には専門的な技術を各研究室で実際に直接教えていただくことができ、たくさんの知識、技術を学ぶことができました。このプログラムで学んだことを今後の研究に多方面で生かすことができると思います。

 最後に、今回のプログラムを通じて、本当にたくさんの研究者のみなさま、学生さんと交流を深めることができました。このつながりを大切にし、帰国後も交流を続けることを通じて国際的なネットワークを築いていきたいと思います。また、今後このような国際交流の機会がある際には、ぜひ積極的に参加して、さらに交流を深めたいと思っています。

 

4. 謝辞

 この研修において、このようなすばらしい機会を下さった国立台湾大学および本学の先生方、また、研究室へ快く受け入れてくださったShih-Torng Ding先生、および実験等のサポートをしてくださった研究室のスタッフ、学生のみなさまに心から深謝致します。

 様々な局面からサポートしていただいた入江先生、楊先生、大庭先生、佐久間さん、インターナショナルオフィスの方々に心より御礼を申し上げます。

 
 

line_yt

 

lab rotationの様子1

 

lab rotationの様子2

 

CBT courseの様子1

 

 

CBT courseの様子2

 

発表会後の集合写真