台湾短期留学レポート (H23年度)

 

筑波大学と国立台湾大学との交流活動の一環として、平成23年度短期派遣留学に参加した大学院生のレポートを紹介します。
筑波大学医学系では、日常的な国際性を育むとともに、海外での経験の涵養も重視しています。ここで紹介するレポートには、海外に出て行った大学院生たちが、何を感じ何を学んできたのかが、それぞれの言葉で語られています。
2週間という短い留学期間ですが、台湾短期派遣学修に参加した学生は皆、ひとまわり大きな人間になって帰ってきます。このレポートから、彼らが海外での経験で得たものが何かわかるかも知れません。どうぞ、追体験してみてください。
 
line_rt
 

菊地 琢哉 : フロンティア医科学専攻 M1

専攻分野:代謝・内分泌制御医学

受入研究室:Dr. HY Chou 研究室

 
line_rt
 
 

 私は海外で研究の体験をすることで、国際的な視野を培いたいと思い、国立台湾大にインターンシップに行きました。

 国立台湾大学の宿舎に2週間滞在しました。学校では、1週目に実験技術を学ぶ授業を受け、2週目にHYEC研究室でRINm5Fという細胞を使って実験 を行いました。実験内容は、インスリン分泌性の細胞に、AMPKのファミリータンパク質である、SIK2という因子の阻害剤を添加し、GSISを行いまし た。免疫染色とELIZAでインスリン分泌量について検証しました。免疫染色の実験は今までやったことがなく、その実験方法を学ぶことができました。

 帰国する日の前の日にプレゼンテーションをしました。英語でのプレゼンテーションは初めてで、いかに難しいかがわかり、かつ準備や練習を入念に行うことが大切であることを学びました。

 台湾の学生とも仲良くでき、台湾の文化に触れることができ、とてもいい経験になりました。そして、日本で私が行っている研究と異なる分野の研究をするこ とで、より広い視野を培うことができると思いました。今後、海外の研究所で学べる機会がありましたら、積極的に参加していきたいと思いました。

 
 
line_yt