台湾短期留学レポート (H23年度)

 

筑波大学と国立台湾大学との交流活動の一環として、平成23年度短期派遣留学に参加した大学院生のレポートを紹介します。
筑波大学医学系では、日常的な国際性を育むとともに、海外での経験の涵養も重視しています。ここで紹介するレポートには、海外に出て行った大学院生たちが、何を感じ何を学んできたのかが、それぞれの言葉で語られています。
2週間という短い留学期間ですが、台湾短期派遣学修に参加した学生は皆、ひとまわり大きな人間になって帰ってきます。このレポートから、彼らが海外での経験で得たものが何かわかるかも知れません。どうぞ、追体験してみてください。
 
line_rt
 

掛橋 秀直 : フロンティア医科学専攻 M1

専攻分野:環境医学

受入れ研究室:Dr. TK Li 研究室

 
line_rt
 
 

 私は本大学の国立台湾大学短気派遣プログラムに応募し、2011年8月28日から2011年9月9日までの2週間国立台湾大学にて、生物研究技術の基本的 なものから先端のものまでの講義および実験実習を積むとともに、二週目からは微生物研究室(TK-Li先生)にて研究を行いました。

 このプログラムでは、全てのレクチャー及びディスカッションが英語で行われ、実験テクニックだけでなく英語力も向上出来る内容になっていました。また、 主な活動は学生が中心となって進むためグローバルな学生交流を通して、お互いを刺激しあえる内容になっていたとも思います。

 実際に、先端の技術についてゆっくり時間をかけて理論から学ぶ事ができたことや、英語でのプレゼンテーション、ディスカッション能力の向上に反映された と思います。二週目からの研究については、台湾学生のTAが、comet assayやDNA cleavage assayなど自分にとってあたらしいアッセイの理論から実験方法、解析方法までをMAN TO MAN で懇切丁寧に指導してくれたため、今までに無いほど勉強になった期間でした。

 さらには、同年代の学生らとディスカッションする事で討論する力の向上も感じられましたがそれ以上に、自分の弱点や自分の強みを再認識する事ができ今後のキャリア・アップにも繋げる事ができるとおもいます。

 まとめとなりますが、この研究短期派遣で学んだ事とても有意義なものでした。研究についての知識を多く吸収したとともに、多くの台湾学生と交流する事で自分の研究を振り返り、今後へのステップアップへ大きくつなげる事ができました。

 最後にこの国立台湾大学短期派遣プログラムを無事に終える事ができましたのも、多くの先生、事務、TAを始めとする学生などの協力あってこそだと思います。この場おかりして、厚くお礼申し上げます。

 
 
line_yt