海外協力インターンシップ(H22年度)活動報告

 

筑波大学医学医療系では、自立性、学際性、国際性に富んだ大学院生を育成することを目的に、開発途上国との海外協力インターンシップを継続実施しています。

 

平成22年度活動概要

 

◇ 2011. 1.17-22/ 1.23-28 H22年度 海外研究協力インターンシップ

大学院生のメンバー17名+教員13名がベトナムへ赴き、現地にて、臨床研修および基礎実習を行いました。

H22年度は公募によって、基礎研究2グループ、病院臨床研究3グループがそれぞれ採択されました。

 
 
line_rt
 
◆ 共同研究グループ
 

採択課題:
 Plectranthus amboinicus (Lour.) Spreng抽出物の抗インフルエンザウイルス活性についての検討

 
メンバー:

長利  卓 (生命システム医学 博士課程2年)
熊倉 充子 (社会環境医学   博士課程4年)
水口 萌子 (生命システム医学 博士課程1年)
横川 拓史 (フロンティア医科学 修士課程2年)

 
line_rt
 
 

共同研究グループ 報告写真