海外協力インターンシップ(H22年度)活動報告

 

筑波大学医学医療系では、自立性、学際性、国際性に富んだ大学院生を育成することを目的に、開発途上国との海外協力インターンシップを継続実施しています。

 

平成22年度活動概要

 

◇ 2011. 1.17-22/ 1.23-28 H22年度 海外研究協力インターンシップ

大学院生のメンバー17名+教員13名がベトナムへ赴き、現地にて、臨床研修および基礎実習を行いました。

H22年度は公募によって、基礎研究2グループ、病院臨床研究3グループがそれぞれ採択されました。

 
 
line_rt
 
◆ 実習グループ
 
  採択課題: 熱帯生物学研究所(ITB)における分子生物学実習による教育プログラムの開発
 
メンバー:

秋本 恵子 (生命システム医学 博士課程2年)
山下 由美 (生命システム医学 博士課程2年)
中村 恵弥 (生命システム医学 博士課程2年)
秋山 雅博 (生命システム医学 博士課程1年)
安孫子 ユミ(生命システム医学 博士課程1年)
吉澤 勇一 (生命システム医学 博士課程1年)
吉田 映子 (生命システム医学 博士課程1年) 実習準備のみ
沖田 結花里(生命システム医学 博士課程1年)

 
line_rt
 
 

実習グループ 報告写真