ボルドーより

 

 フロンティア医科学で掲載し、人気のあった留学生のレポートを再掲します。

 発表された当時は、東日本大震災の記憶も生々しい2011年。Twitterを用いてのレポで、短文ながらもリアルなボルドーの雰囲気がとてもよく伝わって来るものでした。

 TMS Pressでは、5話ずつのダイジェストでお届けします。
 
 

No.26-No.30

 

ボルドーより26

大学のランチですが、大学内にはカフェテリアがあって値段もものすごく安いです(3ユーロくらい)。夏は大体みんなサンドイッチとかをもってきてそこら辺の芝生で食べてます。この景色は筑波大の中央図書館と全く一緒です。

 
line_yt
 

ボルドーより27

私はラボにちっちゃいカフェテリア(とは名ばかりの給湯室)があるのでそこで食べてます。みんなのランチを観察するのが日課です。

 
line_yt
 

ボルドーより28

有名ですが、欧米の人のランチは豪快でシンプルです。家にあった野菜と果物とチーズと生ハムとヨーグルトをぽいっと鞄に放り込み、途中でパン屋さんに寄ってバゲットを買ってきました、という感じ。日本のお弁当がもてはやされるのも納得。

 
line_yt
 

ボルドーより29

さすがフランスは農業大国だけあって野菜も果物もみんな新鮮で安く、そしておいしいです(スペインからの輸入も多いですが)。そのせいかみんなもりもりと野菜を食べている気がします。

 
line_yt
 

ボルドーより30

日本のようなフレンチドレッシングは、今のとこフランス人が使ってるのはみたことないです!こっちでラボのみんながやっているドレッシングは、バルサミコ酢とオリーブオイルをぱっとかけて塩こしょうしたもの。単純だけど毎日食べても飽きません。

 
line_yt
 

続く!