ボルドーより

 

 フロンティア医科学で掲載し、人気のあった留学生のレポートを再掲します。

 発表された当時は、東日本大震災の記憶も生々しい2011年。Twitterを用いてのレポで、短文ながらもリアルなボルドーの雰囲気がとてもよく伝わって来るものでした。

 TMS Pressでは、5話ずつのダイジェストでお届けします。
 
 

No.11-No.15

 

ボルドーより11

フランスで日本ブームすごいです。日本食レストラン(ほとんどは中国人経営ですが・・・)やスシバーがそこら中にあるので、こだわりさえしなければいつでも日本食を食べられます。通りでみかける配達バイクが宅配ピザかと思いきやスシ配達バイクだったってこともざらです。

 
line_yt
 

ボルドーより12

日本文化について、ジブリはもちろんマンガやアニメも大人気です。ドラゴンボールごっこやセーラームーンごっこは世界共通の子供の遊びだったようです(笑)。以上、第一部「フランスから見える日本」についてでした。次からはフランスでの様子をご紹介します。

 
line_yt
 

ボルドーより13

図書館事情)私のいるキャンパスは主に医学生のキャンパスなので臨床用の参考書ばかり。ボルドー大学はいっぱいキャンパスがあって全部把握しきれてないのですが、他の学部の子の話をきくとみんな勉強するときは図書館でしているのかなー?という印象。はっきりしませんけど。

 
line_yt
 

ボルドーより14

図書館事情)でもとりあえず、医学部の学生はみんな図書館にかんづめして勉強してます。フランスでは入学試験がゆるい分、進学試験では進学できるのは上位●●●名まで、ときびしくきまっているのでみんな在学中必死です。

 
line_yt
 

ボルドーより15

建物や学内の雰囲気は筑波とそう変わらないですねー。学生みんなでわいわいしてる感じは世界共通で居心地いいです。カフェテリアはパンが無料で食べ放題。ただしバゲット一種類のみ。嘘みたいな本当の話、私の研究室では毎週クロワッサン食べながらミーティングです(笑)。

 
line_yt
 

続く!