修士課程フロンティア医科学って、どんなところ?

筑波大学修士課程フロンティア医科学を修了した先輩たちからのメッセージ

 

只野 喜一(2011年修了)

 私は北里大学で診療放射線技師免許を取得後、放射線治療の研究を行うためにフロンティア医科学専攻に進学しました。

 筑波大学は陽子線治療施設を持つ国内で唯一の大学です。私は陽子線医学利用研究センターで研究を行うと同時に、診療放射線技師として臨床にも携わることができました。今振り返ってもとても恵まれた環境だったと思います。

 フロンティア医科学専攻では授業も充実しており、医学研究を行う上で必要な様々な知識を学ぶことができました。また、各研究室の研究テーマは広範に渡っており、同級生から自分の知らない分野の話を聞くことはとてもいい刺激になり、思考の幅を広げることが出来ました。

 現在はVarian Medical Systemsに入社し、全国の放射線治療施設のサポートを行っています。フロンティア医科学専攻での経験を最も活かせる仕事であり、大変充実しています。

 みなさんもフロンティア医科学専攻で“ここでしか出来ない事”を探してみてください。