台湾短期留学レポート (H22年度)

 

筑波大学と国立台湾大学との交流活動の一環として、平成22年度短期派遣留学に参加した大学院生のレポートを紹介します。
筑波大学医学系では、日常的な国際性を育むとともに、海外での経験の涵養も重視しています。ここで紹介するレポートには、海外に出て行った大学院生たちが、何を感じ何を学んできたのかが、それぞれの言葉で語られています。
2週間という短い留学期間ですが、台湾短期派遣学修に参加した学生は皆、ひとまわり大きな人間になって帰ってきます。このレポートから、彼らが海外での経験で得たものが何かわかるかも知れません。どうぞ、追体験してみてください。
 
line_rt
 

生命システムD1 水口 萌子

受入れ研究室:
Laboratory of Plant Molecular Biology & Virology (Dr. Shin-Shun-Lin)/ Laboratory of ImmunoHistochemistry (Dr.TL Shen)

 
line_rt
 

 国立台湾大学への短期留学を通して、英語によるコミュニケーションの重要性を身にしみて感じました。そして自分の意見を持つことの大切さ、環境に応じて臨機応変に行動することを自覚する良い機会になりました。また、語学以上にコミュニケーションをとろうとする意欲が大切であることも身を持って体験しました。戸惑っている私に対しても現地の先生方や学生の方々はとても親切に対応してくださり、実験や研究に対する姿勢だけでなく人間性においても見習うところが非常に多くありました。この短期留学をきっかけに自分の価値観が大きく変化し、今後の進路に関して広い視野を持つことができました。思い切って参加して良かったと思います。