台湾短期留学レポート (H22年度)

 

筑波大学と国立台湾大学との交流活動の一環として、平成22年度短期派遣留学に参加した大学院生のレポートを紹介します。
筑波大学医学系では、日常的な国際性を育むとともに、海外での経験の涵養も重視しています。ここで紹介するレポートには、海外に出て行った大学院生たちが、何を感じ何を学んできたのかが、それぞれの言葉で語られています。
2週間という短い留学期間ですが、台湾短期派遣学修に参加した学生は皆、ひとまわり大きな人間になって帰ってきます。このレポートから、彼らが海外での経験で得たものが何かわかるかも知れません。どうぞ、追体験してみてください。
 
line_rt
 

フロンティアM2 岡田 理沙

受入れ研究室:
Lab of Cell biology(Dr. TL Shen) / Lab of Endothelial Cell Molecular Biology (Dr. Hsinyu Lee)

 
line_rt
 

 この海外研修において、海外の研究者やたくさんの学生と幅広い議論をすることができ、視野が広がり非常に有意義であった。特にコミュニケーションについて得るものが大きかった。実際に海外に出て英語を使用し、直接会話を交わすことにより、英会話も多少なり習得できたと思うが、より詳しい議論をかわすためにはさらなる勉強が必要だと再認識させたれた研修であった。しかしながら、当初の目的とした英語力の向上よりも、この研修を通じて気付かされたこと は、やはりコミュニケーションの重要性である。前述したように、将来的に研究者としてやっていくためには海外の研究者との交流が不可欠であり、英語でのコ ミュニケーション能力は必須であると思われる。ここでのコミュニケーション能力として、研修以前は英語力を第一に考えていたが、積極的に台湾大学の学生との会話するよう常に心がけることを通じて、何事にも積極的に取り組む姿勢や何かを伝えようとすることといったコミュニケーション能力の重要さを再認識させられた。

 また、今回の研修に参加することによって、様々な人々との交流を深めることができた。帰国後も交流を続けることを通じて国際的なネットワークを築いていきたいと考えている。

 この研修において、快く受け入れてくださりかつ幅広い議論と見学の機会を下さった国立台湾大学本学の先生方および学生のみなさま、様々な手配をしてくださった大根田先生、入江先生およびインターナショナルオフィスの方々、さらにこのような海外研修に行く機会を下さった本学の先生方に心より御礼を申し上げます。