台湾短期留学レポート (H22年度)

 

筑波大学と国立台湾大学との交流活動の一環として、平成22年度短期派遣留学に参加した大学院生のレポートを紹介します。
筑波大学医学系では、日常的な国際性を育むとともに、海外での経験の涵養も重視しています。ここで紹介するレポートには、海外に出て行った大学院生たちが、何を感じ何を学んできたのかが、それぞれの言葉で語られています。
2週間という短い留学期間ですが、台湾短期派遣学修に参加した学生は皆、ひとまわり大きな人間になって帰ってきます。このレポートから、彼らが海外での経験で得たものが何かわかるかも知れません。どうぞ、追体験してみてください。
 
line_rt
 

生命システムD2 秋本 恵子

受入れ研究室:
Lab of Cell biology(Dr. TL Shen) / Lab of Endothelial Cell Molecular Biology (Dr. Hsinyu Lee)

 
line_rt
 

 最初の予定で何をやるのか全くわからなかったので、とても不安で挑んだが、 結果的にはこのコースが行われた1週間はとても充実した日々を送ることができた。一緒に受けた人たちは台湾大の学生だけでなく、技術職員やTA、他の大学 の先生までもが一緒になって受講していて、全員が私たちに合わせて、全員が一生懸命に拙い英語で話しながら実習やDiscussionしたり、講師の先生 が中国語で講義したときなど、わざわざ英語に訳して教えてくれたりなど本当に全員が一緒になってこの実習を取り組めたと感じた。1週目のLab rotetionもよかったと思うが、期間が短すぎるため仲良くなる前に次の所に行ってしまうという状況だったが、今回のCBTコースは1週間も同じ教室 で同じメンバーと実習を受け、仲良くなる機会がとても多かったと思う。
 講義に関しても、大学で学んだ基礎的な原理をもう1度学び、学んだことをその場ですぐ実習に移すということが最大のメリットだと思う。とても効率がよかったので、日本に帰ってきてからもこのような形式でできたらとてもいいと感じた。

 今回、台湾に訪問したことで日本とは違う大学が視察でき、グローバルな視野で物事を考えることができるようになったと思う。正直、最初は様々なことが決 まってなかったようで心配な点もあったが、現地の学生や先生方とも仲良くなり、本当に充実した日々を送れたことと貴重な経験をしたと思う。
 ベトナムでの実習では教える立場にあったが、今回は逆の立場だったので、海外からみた自分自身の研究の位置づけや台湾での研究のレベルがどのようなものかがわかった上でDiscussionができ、またコミュニケーションをとる上で自分自身の英語力を痛感した。
 日本に帰ってきてからも台湾の学生とはこまめに連絡を取っており、日本のみならず海外での友達も増えたことはとても良いことであった。もし今後も台湾大へ行くような機会があれば再度訪問したいと思う。

 最後に、このような機会を与えて頂いた先生方にとても感謝します。ありがとうございました。