公衆衛生学コース / ヒューマン・ケア科学コース

福祉医療学・国際社会医学

3-8市川政雄

市川 政雄  masao(at-mark)md.tsukuba.ac.jp

http://accafe.jp/tsukuba_gph/

3-8福祉医療学QR

研究室紹介

「人びとの健康格差は、国内はもとより先進国と途上国の間にもみられ、それは政治的、社会的、経済的に容認できないものであり、すべての国に共通する関心事である」(アルマ・アタ宣言、1978年)。本研究グループでは、そのような問題意識をもち、単に知的欲求を満たすのではなく、社会を変えていくための研究を目指し、社会的弱者の健康問題や、世界的に取り組むべき優先順位の高い健康問題に取り組んでいます。現在、国内では難民の保健医療福祉や高齢者のモビリティと健康について、国外ではアジア諸国を中心に外傷予防に向けた問題解決・行動指向型研究を立案・実施しています。