公衆衛生学コース / ヒューマン・ケア科学コース

高齢者ケアリング学

3-7松田ひとみ

松田 ひとみ  matsuda.hitomi.fn(at-mark)u.tsukuba.ac.jp

https://www.hcs.tsukuba.ac.jp/~koureicare/

3-7松田ひとみQR

研究室紹介

高齢者の生活リズムの変調に対する看護介入の効果を評価する研究

不眠は免疫力を低下させ、うつ状態や認知症の発症に関連する重大な健康問題です。首都圏を中心に北海道から沖縄までフィールドワークを行い、老人クラブなどで元気に活動しておられる高齢者を対象に生活リズムと睡眠の質について調査と測定を続けています。そのなかで、概日リズムの同調因子(光、運動、食事、社会的交流)と生活習慣病および嗜好品などが強く関与していることが見出されつつあります。また昼間睡眠の導入や、会話による入眠への効果についても興味深い結果が得られており、これらをふまえて、生活リズムを調整する看護介入の意義と効果を評価する方法の開発を目指しています。